夕食の気をつけるべきは「消化」と「時間」

2015.11.18
カテゴリー:

おはようございます。

大阪 心斎橋 ラブハーツアンドビー 本店 ブログです。

 

ダイエットの時って食欲を我慢しがち、、、
しかし、気をつけるポイントさえ押さえれば、ムリな我慢せずにダイエットすることも♡

 

そこで今回は、ダイエット時の夕食時に気をつけたい4つのポイントをご紹介します!!

 

①必ず1日3食、食べること

 

食事を抜くと、体が餓死状態と判断することも。

そうすると通常の倍以上の栄養を体が吸収しようとしてしまう為

次に食べた時にカロリーオーバーにしてしまう可能性が、、、

 

食事の際は野菜やフルーツなどを最初に食べましょう!!

酵素が食べたものを消化してくれやすくしてくれます。

 

また、野菜を先に食べることによって血糖値の急上昇を防いでくれるため、脂肪の蓄積を防ぎます^^

 

②脂肪燃焼してくれる食材を使用して自炊する

実はしいたけには血液をさらさらにしてくれる効果が期待できちゃいます。
そして、えのきには脂肪を燃焼したり脂肪の吸収を抑えてくれる効果も!

きのこがダイエットにはぴったりなんです♡

 

③消化にいいものをチョイスする

胃の中に溜まった状態では、胃に負担がかかり、良質な睡眠を取ることが出来ません。

そして消化されないということは、栄養分が使われることなく、体に蓄積するばかりになるので、太りやすくなる原因になってしまいます。

最低でも、寝る3時間前までには夕食を終えておくようにしましょう。

・おすすめメニュー

「おでん」

「ヘルシーなおかゆ」

 

 

④食べる時間も重要

BMAL1(ビーマルワン)と呼ばれる脳内ホルモンがあります。
このホルモンは脂肪を蓄えようとするホルモンで、1日の中で分泌が高まったり減少したりしています。

その為、BMAL1(ビーマルワン)の分泌が少ない時間帯に夕食を食べるようにすると、脂肪になりにくいということになります。
それとは逆に、このBMAL1(ビーマルワン)が多い時間帯に食事をすれば脂肪を蓄えてしまうということです。

BMAL1(ビーマルワン)が1番少ない時間帯は14:00~15:00。
逆に22:00~2:00は倍以上のBMAL1(ビーマルワン)が分泌されている時間なので、脂肪を蓄える力も倍以上になってしまいます。

 

ヘルシーに効率よく痩せるには、日常生活のちょっとしたことを気をつけるだけ^^

 

1度試してみてはいかがでしょうか??

 

 

 

ヘルシーカンパニー5つのヘルシーポイント用

 

 

 

大阪市 中央区 南船場 3−5−15 コクミン心斎橋ビル 4F

☆クリスタ長堀 北8番出口すぐ

tel&fax 0662434511

twitter @luveheartsAndBe

instagram luveheartsandbe_mainstore

luve heart’s And Be Pinterest

  • RECRUIT 採用情報
  • ONLINE SHOP
  • 頭皮専門スタイリストによるヘッドスパ
  • 3D COLOR 専門のカラリストを指名!
  • ラ・シュエット
  • cafe miel
  • arc-en-ciel