日焼け後の対策は、、?

2016.07.16
カテゴリー:

本格的に暑くなり、お休みに入られる方も多くなると思いますので、

お出かけしたくなりますよね!!

そんなときうっかり日焼けしてしまったとき、、

一体どうすればいいのか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭皮は肌よりも日焼けしやすいです!

分け目などは頭皮が露出しているため、顔の3倍は日焼けしています。

紫外線を長時間浴びると、パーマをかけるより髪の毛が傷むといわれている程です!

紫外線は毛髪内のメラニンを分解したり、タンパク質を構成するシステインという部分にもダメージを与えるため、

髪の色が脱色したり、キューティクルがはがれて枝毛や切れ毛が起こりやすくなったりします。

 

*日焼けした頭皮や髪はどうやってケアする?

日焼けしてしまった場合は、とにかく冷やすことが大切です。軽い痛みの場合は、

冷やしたタオルを頭に乗せ、炎症を抑えて下さい。

ぬるま湯で流した後は化粧水を塗り、消炎作用のある軟膏で保湿をしましょう。

頭皮に化粧水を塗ることは、保湿効果があるので効果的です。

 

*シャンプーは優しく

市販で売られているシャンプーの8割は、洗浄力が強く頭皮に刺激を与えがちです。

シャンプーは低刺激な「ベタイン系」「アミノ酸系」が最適です。

炎症を起こしている間は、リンスやトリートメントは、頭皮につけないようにしましょう。

 

*シャワーの温度に気をつける

シャワーの温度が低すぎると、整髪料や皮脂、日焼け止めを完全に洗い流すことができません。でも、
シャワーの温度が高すぎると、必要な皮脂や角質細胞間脂質を流しすぎてしまいます。
シャワーの温度は38~40度くらいが適切です。

濡れた髪は、傷つきやすいです。

髪を拭くときにゴシゴシこすってしまうと髪にダメージを与えてしまいます。

シャンプー後は、優しく押さえるようにタオルを当てるのがポイントです!

ドライヤーは離して使う

ドライヤーを使って髪を乾かすときは、髪とドライヤーの距離を十分にとって(30センチ以上)、同じ場所に長時間当てないように注意しましょう。

また、自然乾燥も禁物です。濡れた髪はキューティクルが開いているので、寝ている間に擦れると傷みやすくなります。また、頭皮に菌が繁殖する場合もあります。

 

これらをしっかり気をつけて美髪キープしていきましょう☆

 

 

gatag-00012955

  • RECRUIT 採用情報
  • ONLINE SHOP
  • 頭皮専門スタイリストによるヘッドスパ
  • 3D COLOR 専門のカラリストを指名!
  • ラ・シュエット
  • cafe miel
  • arc-en-ciel